本文へ移動

MKCM型 OIL SIGNAL

流量スイッチ
  流体の流れを検知し、ご指定の流量にてスイッチをONかOFFさせます
  ※スイッチは固定式です(あとからの設定値変更はできません)
油の流れがひと目でわかる
  透明管内のフロートの動きで流体の流れを確認する検流器です
保護カバー付き
  金属製の保護カバーにより外部からの衝撃等による破損の可能性を
  軽減させます。
取り付け向きは問いません
  内部にスプリングを使用していますので取り付ける際の姿勢は
  上向き及び下向き及び 横向き等 自由に行うことができます。
 

型式一覧

型式 
 寸法(mm)
流量(L/min)
 接続口径
全長 
全幅 
奥行 
最小内径
φmm
作動流量の指定範囲
最大
MKCM20-1TL-OFF
 Rc1/8 
80
30
22
6.5
0.005(5cc)~2
5
MKCM20-1TL-ON
MKCM20-2TL-OFF
Rc1/4
80
30
22
6.5
0.005(5cc)~2
5
MKCM20-2TL-ON
MKCM20-3TL-OFF
Rc3/8
86
30
25
6.5
 0.005(5cc)~2
5
MKCM20-3TL-ON
MKCM30-2TL-OFF
Rc1/4
104
43
32
9.5
 0.05(50cc)~5
10
MKCM30-2TL-ON
MKCM30-3TL-OFF
Rc3/8
104
43
32
9.5
 0.05(50cc)~5
10
MKCM30-3TL-ON
MKCM30-4TL-OFF
Rc1/2
110
43
32
9.5
 0.05(50cc)~5
10
MKCM30-4TL-ON
MKCM35-4TL-OFF
Rc1/2
124
49
44
 13.5
1.0~10
25
MKCM35-4TL-ON
MKCM35-6TL-OFF
Rc3/4
124
49
44
 13.5
1.0~10
25
MKCM35-6TL-ON
MKCM45-6TL-OFF
Rc3/4
142
62
50
18.0
3.0~15
50
MKCM45-6TL-ON
MKCM45-8TL-OFF
Rc1
142
62
50
18.0
3.0~15
50
MKCM45-8TL-ON
ご注文・お見積りの際にの中を御指定下さい。
 
型式
MKCM□□-TL-OFF(ON)
油の種類
(又は油の粘度cSt)
 スイッチの作動流量
L/min
例:MKCM20-2TL-OFF 油の種類ISOVG32 スイッチの作動流量1L/min
※接点方式はOFF方式かON方式を御指定下さい。
  OFF方式・流体が流れていない時に接点がOFF(ノーマルオープン・A接点)
  ON方式・流体が流れていない時に接点がON(ノーマルクローズ・B接点)
 

標準仕様

流体
油 
作動流量
上記、作動流量の指定範囲内での流量値にて御指定下さい。
(なるべく最小使用流量の1/3以下の流量値で御指定下さい。)
接続
Rcめねじ 
Rおねじへの変更
Rおねじとの組み合わせも可能です。
耐熱温度
最高60℃
耐熱仕様(最高100℃)も製作可能です。 
耐圧
1MPa
耐圧仕様(最大5MPa)も製作可能です。
最大使用電圧
DC,AC 300V  
最大使用電流
DC,AC 0.5A  
接点容量
50VA  

透明管
アクリル
耐熱・耐圧仕様品は真鍮管(C3604)になります。
耐熱・耐圧仕様品はフロートの目視はできません。
保護カバー
BC(砲金)
アルミ製も製作可能です。
継手
C3604(真鍮)
SUS製も製作可能です。
スプリング
SUS304
-
マグネット入り
フロート
アルミ
-
Oリング
ニトリルゴム
耐熱・耐圧仕様はフッ素ゴムになります。
リードスイッチ
市販品 
-
リード線
(標準品200mm)
市販品 
リード線の長さの指定、
キャブタイヤコードへの変更も可能です。  

フロースイッチ使用上の注意

1.磁気の影響上の注意

  • リードスイッチは、磁気で作用するスイッチの為、磁界の影響を受けない場所で使用 してください。
  • リードスイッチの近傍に鉄材等の磁性体が存在すると、誤作動の原因になります。

2.電気的な結線上の注意

  • フロースイッチは、アース結線不良等の原因でリードスイッチに過電流が流れる事が無いよう
    結線に注意してください。
  • フロースイッチはなるべく警報検知器として使用してください。
    他の電気機器と連動して使用する場合は、誤作動が生じた時の影響を十分考慮の上、取扱いください。
  • 使用電圧、使用電流はなるべく小さく抑えて使用すると、リードスイッチの寿命が長くなります。
    (通常100V0.5A状況下で約100万回スイッチ作動使用可能)

3.油の温度変化・粘度変化によるスイッチ作動についての注意

  • 油の温度、粘度が変化すると、設定の流量でスイッチが作動しない場合やスイッチの作動流量が
    変化する場合があります。
有限会社前田工機研究所
〒185-00140
東京都国分寺市東恋ヶ窪4-15-3
TEL.042-321-4831
FAX.042-325-4298
流量制御機器の製造販売
TOPへ戻る